東京都の法人タクシー業界団体、東京ハイヤー・タクシー協会は2014年1月21日、スマートフォンで、複数の法人タクシー会社の車を対象に配車できる共通配車サービスを開始した。異なる無線システムを使うタクシーを配車対象にできるサービスはこれが初めて。

 同日、サービス用スマートフォン・タブレット向け無料アプリ「スマホ de タッくん」を、iPhone版、Android版、Windows 8/8.1版で提供も始めた。このアプリで、東京23区と武蔵野市・三鷹市のエリア内のタクシーを呼ぶことができる。

 サービス開始当初に呼べるタクシーは、大和自動車交通、共同無線タクシー協同組合、日本交通3社の約6500台。2014年4月までには、グリーンキャブ、チェッカーキャブ無線協同組合、日の丸交通のタクシーを加えて、対象を約9200台にする。この台数は、東京の法人タクシー全体の45%を占める。

 これまでは、事業者が独自にスマホ配車サービスを提供してきたが、「新サービスでは各事業者の垣根を越えて、オール東京で行う。1分でも早くお客様の元に配車するとともに、無駄なタクシーの走行をなくす効率化を図る。2020年に開催が決定した東京オリンピック/東京パラリンピックでの輸送でも貢献していきたい」。東京ハイヤー・タクシー協会の富田昌孝会長は、1月21日に開かれた新サービスの発表会で、このように意気込みを語った。

 既に日本交通が、自社向けの配車サービスを提供している。「独自アプリではきめ細かなサービスを提供できるメリットがある一方、配車できるのはその無線グループのタクシーにとどまる。“今すぐタクシーを呼びたい”というニーズに応えるには限界がある。スマホ de タッくんは今すぐタクシーを呼べることに特化し、既存サービスとすみ分ける」と樽澤功副会長は説明する。

呼び出し地点から5~6分以内で駆けつけられるタクシーを手配

 新サービスでは、サービス利用者の利便性を高めるため、利用者が呼び出した地点から、5~6分以内で駆けつけられるタクシーを手配する仕組みを組み込む。

 スマホに専用アプリをダウンロードして名前などを登録すると、利用者はタクシーを呼び出せる。アプリの画面上に表示される地図で、タクシーを呼びたい地点を指定する。このとき建物・施設の名前や、車を付ける場所を付け加えることも可能だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら