インテルは2014年1月17日、新年の事業展望についての記者説明会を開催し、インテル代表取締役社長の江田麻季子氏がCES2014の発表内容や今後の戦略、前日に発表した米インテルの2013年度第4四半期決算などについて説明を行った(関連記事:「IoTに注力したい」、インテル江田社長が2014年の事業展望示す 関連記事:Intelの13年Q4決算は3%増収6%増益、今後の見通しは控えめ)。

写真1●インテル代表取締役社長の江田麻季子氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●インテル 取締役 兼 副社長執行役員の宗像義恵氏
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルが取り組んできたTizenについては、2014年1月16日にNTTドコモが2013年度内の端末投入を見送ることを発表し、話題となった(関連記事:Tizen搭載のスマートフォン、ドコモが「導入を当面見送る」 )。この発表についてインテル 取締役 兼 副社長執行役員の宗像義恵氏は、「NTTドコモが発表したものであり、インテルとしては関知していない」と回答した。

 2013年10月にインテルは開発者向けのイベント「インテル ソフトウエア・イノベーション・フォーラム」を開催。このイベントではNTTドコモがTizenについて最新情報を共有したほか、パートナー各社からTizenに関連した車載ソリューションも展示された(関連記事:Tizenの最新ロードマップを発表、ドコモ端末も開発大詰めか)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら