米国最大の民生機器関連の展示会「2014 International CES」が、2014年1月7日(米国時間)に同国ラスベガスで開幕する。展示会の開催に先立つ5~6日にはパナソニックやシャープ、ソニー、韓国LG Electronics社、同Samsung Electronics社などの家電大手による発表会や、報道関係者向けの事前イベントが相次ぐ。展示会の会期は10日まで。

2014 International CESが開催されるラスベガスは快晴
[画像のクリックで拡大表示]

 米CEA(米家電協会)とドイツの調査会社GfK社の共同調査によれば、2013年のデジタル家電関連(Tech Markets)の世界販売額は前年比3%増の1兆680億米ドルになったもようだ。スマートフォン(スマホ)やタブレット端末の市場拡大が牽引し、過去最高を記録した。

 ただし、2014年はデジタル家電の世界販売額が前年比1%減の1兆550億ドルにとどまる見通しだ。スマートフォンやタブレット端末の販売台数は順調に伸びるものの、単価下落が加速する。GfK社によれば、2010年に444米ドルだったスマートフォンの販売単価は2013年に345米ドルになり、2014年には297米ドルと300米ドルを切る見通しだ。

 市場の牽引役だった携帯端末の価格競争が激化する中、今回のCESでは「ポスト・スマホ」の提案が大きな焦点になりそうだ。その候補として期待を集める分野は、通信ハブとしてスマートフォンを活用するウエアラブル機器や、移動通信網やスマートフォンとの連携を模索する自動車メーカー大手による新しいコンセプトである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら