写真1●須藤修OGC会長、東京大学大学院情報学環長・教授
写真1●須藤修OGC会長、東京大学大学院情報学環長・教授
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●自由民主党IT戦略特命委員長の平井卓也衆議院議員
写真2●自由民主党IT戦略特命委員長の平井卓也衆議院議員
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●谷脇康彦内閣官房情報セキュリティセンター副センター長
写真3●谷脇康彦内閣官房情報セキュリティセンター副センター長
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンガバメント・コンソーシアム(OGC)は2013年12月2日、「世界最先端IT社会実現に向けて」と題したシンポジウムを開催した。開会挨拶に立った須藤修会長(東京大学大学院情報学環長・教授)は、水資源ビジネスや農業を例に「日本はパーツごとの分野は強いが一気通貫のビジネスモデルを持っていない。これをデータの連係や分析をして世界に打って出られるような態勢を作ろうとしている」と指摘した(次ページの写真1)。また農業や都市計画の高度化には「政治の力も必要だ」として、「構想を企業と行政が一緒に提案していかなければと思う」と述べた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら