アプリケーション開発コンテスト「Mashup Awards 9(MA9)」の最終審査「Mashup Battle Final Stage」および授賞式が2013年11月12日に行われた(写真1)。同コンテストは、開発者らがWebアプリケーション開発のアイデアや技術力を競うもの。2006年から行われており、今回が9回目となる。

 最終審査の対象となる全12作品の開発者がそれぞれ5分間のプレゼンテーションを行い、それを受けて来場者による投票で最優秀賞が決まった。

写真1●MA9最終審査後の会場の様子
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●アプリ「1Click飲み」の紹介動画から、利用画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 最優秀賞はチーム名「ガリとマチョ」が開発したスマホアプリ「1Click飲み」(写真2)である。

 ユーザーはアプリの画面で飲み会の人数を入力。するとアプリは付近にある飲食店を検索し、ユーザーの年齢や時間帯、過去の履歴などの情報を考慮しながら、最適と思われる飲食店を絞り込む。

 さらにアプリは電話制御用APIの「Twilio」を使って飲食店に順番に電話をかけ、合成音声を使ってユーザーの代わりに予約を申し込む。飲食店の店員は予約可能かどうかを、Twilioによる音声アナウンスに従って電話番号をプッシュし返事する。

 1Click飲みは、12月中旬に正式リリースの予定である。

 MA9の最優秀作品は、会場からの一般投票により決定した。投票方法は、手持ちの携帯電話から作品のプレゼン番号を入力するというもの。投票システムはTwilioを使用して開発したという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら