写真1●ホットリンクの内山幸樹代表取締役社長
写真1●ホットリンクの内山幸樹代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●(左から)ライフログ総合研究所の梅田仁所長、ルグランの泉浩人代表取締役共同CEO、日経BP社日経エンタテインメント!の吉岡広統プロデューサー
写真2●(左から)ライフログ総合研究所の梅田仁所長、ルグランの泉浩人代表取締役共同CEO、日経BP社日経エンタテインメント!の吉岡広統プロデューサー
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ももクロについて、テレビ出演時間とネット口コミ人気度を対照させると、ネット先行で伸びていることが分かる
写真3●ももクロについて、テレビ出演時間とネット口コミ人気度を対照させると、ネット先行で伸びていることが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●堅い話題ながら、メインシアターは満席で立ち見も出た
写真4●堅い話題ながら、メインシアターは満席で立ち見も出た
[画像のクリックで拡大表示]

 「ももいろクローバーZ(ももクロ)の人気の秘密をデータから読み解く」――。2013年10月9日、東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2013」のメインシアターで、こんな風変わりなテーマのパネルディスカッションが行われた。しかも、ももクロの5人が東京ビッグサイトに登場する直前のタイミング(関連記事:ITってインフォメーション・トラベル??? ももクロがITを学んだ「ITクロEXPO」)。

。データ分析や芸能取材などが専門の4人の有識者が、他のアイドルグループと比較しながら、人気の秘密や現状分析などを遠慮なく語り合った。

 パネルディスカッションには、ライフログ総合研究所の梅田仁所長、ルグランの泉浩人代表取締役共同CEO(最高経営責任者)、日経BP社日経エンタテインメント!の吉岡広統プロデューサーが登壇。モデレーターはホットリンクの内山幸樹代表取締役社長が務めた。

 ホットリンクの内山社長(写真1)は冒頭で、「アイドルを題材にしつつ、“ビッグデータ”分析を通じて、ビジネスでヒットを生み出すための“打ち手”を発見する」というプロジェクトをこの4人で進めた経緯を説明した。「最初はなかなか難しいプロジェクトだと思った。だが、ももクロだけではなく、ライバルのAKB48などと比較分析し、4人でデータや知見を持ち寄れば面白くなりそうだと考えた」と話した。

 ライフログ総合研究所の梅田所長(写真2)はテレビの視聴データや出演時間データなど、テレビ放送に関するデータを基にした分析が専門だ。梅田所長は、AKB48とももクロのテレビ出演時間合計を比較したグラフを提示。「両グループとも『桜を見る会』が重要なトレンド分岐点になっている」と指摘した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら