2013年10月7日と8日に行われているベンチャー企業経営者向けのイベント「B Dash Camp 2013 Fall in Osaka」に、任天堂の岩田聡代表取締役社長が登壇した(写真1)。

写真1●任天堂の岩田聡社長(左)と一橋大学の佐山展生教授(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 岩田社長は冒頭、「任天堂は、皆さんの価値観からすると“古くて堅い会社”かもしれないが、歴史上は次々とチャレンジし続け、たくさんの失敗をし、時々小さな成功をして、その結果、家庭用ゲーム市場に出会って、プラットフォームビジネスとしてに世界市場に広げる幸運を得た会社だ」と、来場者と同じような立場にある会社だと語った。

 続いて、先日亡くなった前社長の山内溥氏の座右の銘「失意泰然、得意冷然」を紹介。「うまくいかなくても思い悩まない、絶頂でも浮かれない」というのが、任天堂の歴史そのものを体現している言葉だとした。山内前社長に教わったこととして「自分たちは知らないものを作るのだから、市場調査は無意味」、「とにかく違うものを作ること」、「重点を絞り込むこと」などを挙げた(写真2)。

 一緒に登壇した進行役の佐山展生氏(一橋大学教授)に、任天堂のグローバル戦略について問われた岩田社長は「特別な戦略はないが、強いて挙げるとすれば誰もやっていないことをすることと、現地の人の言うことを鵜呑みにしないことの2つだ」とした。

写真2●山内前社長から学んだことを紹介
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●海外の反応が悪かった「脳トレ」は欧州で売上を伸ばす
[画像のクリックで拡大表示]

 後者については、ポケットモンスター(ポケモン)のエピソードが面白い。海外の拠点からは「かわいいねずみはモンスターではない」として、筋肉隆々のピカチュウのイラストを送ってきたのだという。また、「脳トレ」も海外での反応が良くなかったが、実際には日本より売れたという実績を紹介し、現地情報を鵜呑みにせず、個性を立てることの重要性を語った(写真3)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら