写真●クックパッドの成田一生氏
写真●クックパッドの成田一生氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「情報システムの開発と運用の“健全さ”が一体感を生み、DevOpsを成功させる」――。レシピサイトを手掛けるクックパッドの成田一生氏(インフラストラクチャー部 部長)は2013年9月28日に都内で開催された「DevOpsDay Tokyo 2013」の講演で、このようにアピールした(写真)。

 講演タイトルは「迷ったら健全な方を選ぶ」。成田氏はまず、クックパッドにおけるシステム開発・運用の現状を説明。急速に事業を拡大するクックパッドでは、社員の約3割がクックパッド以外の事業に携わる。新規事業が次々と誕生し、開発チーム(52人)は1日当たり5~10件もの新機能をサイト上にリリースしている。

 そのため、成田氏ら運用チーム(5人)が当日になってリリースに気付き、急きょサーバーを増強するトラブルも起きているという。それでも成田氏は「開発と運用の間に、承認フローやルールを持ち込むのは絶対に避けたい」と話る。

 「承認やルールという権限に合わせて仕事をすると、技術者に大切な、仕事へのオーナーシップが失われる。これは、仕事がつまらなくなる大きな原因だ」(同氏)。

 ここで成田氏は、本講演のテーマである“健全さ”の意味を紹介。「開発・運用の役割を超えて何より大切なのは、組織や顧客にとって有益かどうかという視点。この健全さこそ、開発・運用が一体になって追求すべきものだ」(同氏)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら