写真1●ビデオ通話機能のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「LINE MUSIC」はLINE本体に統合
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●電子商取引サービス「LINE MALL」
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●LINE 執行役員・CSMOの舛田淳氏
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEは2013年8月21日、スマートフォン向けの無料通話・メールアプリ「LINE」の新サービス・新機能としてビデオ通話機能(写真1)、音楽配信サービス「LINE MUSIC」(写真2)、電子商取引サービス「LINE MALL」(写真3)を提供すると発表した。いずれも今秋以降に公開する予定で、ビデオ通話は全世界同時、LINE MUSICとLINE MALLは国内から展開する。

 千葉県浦安市で同日開催した同社のカンファレンスにおいて、同社執行役員・CSMOの舛田淳氏(写真4)は、昨年7月に発表したLINEのプラットフォーム化(関連記事)を振り返り、LINEは人と人をつなぐだけでなく、人とコンテンツ、サービス、企業をつなぐハブの役割を担うものであると説明。「スマホ時代の新プラットフォーム」であると改めて位置付けた。

 今回新たに発表された新サービス・新機能も、こうしたプラットフォーム化をさらに促進するものである。舛田氏はこれらを「三つのC」と表現した。ビデオ通話は音声、テキストメッセージ(トーク)に次ぐ新たなコミュニケーション(Communication)手段であり、「LINE MUSIC」は新たなコンテンツ(Contents)サービスである。「LINE MUSIC」はLINE本体の機能として組み込まれる。「一人で聴く音楽からみんなで楽しむ」(舛田氏)サービスとして年内の展開を予定する。

 もうひとつの「C」は、コマース(Commerce)事業の「LINE MALL」である。国内4700万ユーザーに向けて、LINEが強みとしている実際の人間関係(リアルグラフ)に基づくサービスであることと、いつでも持ち歩くスマートフォン向けに展開しているサービスであることを軸に「新しいショッピング体験を提供する」(舛田氏)という。さらにLINE MALLは「いつでもどこでも、誰もが売り手と買い手になれる。法人、個人に閉じるものではなく、すぐ出品できる」(同氏)と説明した。B2CだけでなくC2Cの展開も念頭に置く。

 いずれも詳細についてはリリース時に明らかにするとしている。LINE MALLについては既に「開発は大詰め」(同氏)で、2013年秋の早い時期に提供できるとしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら