写真●配信するコンテンツのイメージ
写真●配信するコンテンツのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 山梨県とNTT東日本は2013年7月29日、外国人向け観光情報などを一元的に配信する「Tourist Information」の運営を同日より開始すると発表した(写真)。Tourist Informationは、山梨県を訪れる観光客向けに無料の公衆無線LANサービスを整備する「やまなしFree Wi-Fiプロジェクト」の一環で、NTT東日本が提供する「光ステーション」のコンテンツ配信機能を利用して実現する(関連記事:“富士山Wi-Fi”が浮き彫りにする二つの難問)。富士山北麗の山梨県内の「光ステーション」約250カ所から配信を開始し、今後コンテンツの充実などに併せて配信エリアを拡大する予定である。

 提供の背景にあるのが、富士山の世界文化遺産登録に伴う外国人観光客のさらなる増加や多国籍化。充実した受け入れ体制の整備が急務となっていることから、県内で整備が進む公衆無線LANサービスを利用し、インターネット接続環境の提供だけでなく、「観光客の現地での行動を支援する情報」「緊急時、災害時の安全にかかわる情報」などを多言語で提供する。具体的には、「富士山の世界文化遺産構成資産に関するガイド」「県内の各種観光資源、地域産業や文化の紹介」「リアルタイムな交通情報と連携した周遊観光ナビ」「コミュニケーションをサポートする補助ツール」(指差し会話帳)、「避難場所の案内」など。

 観光系のコンテンツは山梨県が作成し、配信のための表示最適化や防災関係の地域の調整は、地元のベンチャー企業であるシナプテックが実施した。電子媒体を使った情報発信は、世界文化遺産としての美観保護、環境負荷の軽減といった観点から、紙や看板の使用を抑制することにもつながり、世界遺産の保護・保全にも貢献するとしている。