写真1●米インテルのSoftware Defined Infrastructure戦略
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●サーバー、ストレージ、ネットワークを統合した「ラック・スケール・アーキテクチャ」
[画像のクリックで拡大表示]

 米インテルは2013年7月22日(米国時間)、「Software Defined Infrastructure」と呼ぶデータセンター戦略を発表した。サーバーに加えて、ストレージやネットワーク機器も同社のプロセッサを搭載する「インテルアーキテクチャ(IA)」のハードウエアとし、ストレージやネットワークに必要な機能はソフトウエアで実現する(写真1)。2014年には、サーバー、ストレージ、ネットワークを統合した「ラック・スケール・アーキテクチャ」も提供する(写真2)。

 Software Defined Infrastructure戦略に基づきインテルは、メーカーなどに対して、サーバーやストレージ、ネットワーク機器、これらハードを垂直統合したラック・スケール・アーキテクチャに必要なプロセッサやチップセット、専用チップなどに加えて、マザーボードやきょう体の参照設計(リファレンスデザイン)も提供する。メーカーはインテルが作った参照設計を利用することで、製品開発に多額の投資を行わずに、ハードを製造できるようになる。

写真3●インテルのシニア・バイス・プレジデントで、「データセンター&コネクテッド・システム・グループ」担当ジェネラルマネージャーを務めるダイアナ・ブライアン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルが参照設計を提供することによって、ストレージやネットワーク機器のハード仕様がオープン化し、メーカーによる新規参入が容易になる。「インテルが1995年にサーバー分野に進出したことによって、同分野での技術革新や競争が加速し、サーバーの性能は1500倍に向上、処理当たりのコストは100分の1になった。これと同じことを、ストレージやネットワーク、データセンターインフラ全体で起こす」。インテルのシニア・バイス・プレジデントで、「データセンター&コネクテッド・システム・グループ」担当ジェネラルマネージャーを務めるダイアナ・ブライアン氏(写真3)はこのように強調した。

写真4●ラック・スケール・アーキテクチャ(RSA)のモックアップ
[画像のクリックで拡大表示]

 インテルでは既に、2012年にストレージ用サーバーの参照設計を公開しているほか、2013年4月にはネットワークスイッチなどを実現するための参照設計も公開済みだ。また2013年内には、サーバー、ストレージ、ネットワークを統合したラック・スケール・アーキテクチャ(RSA)の参照設計も公開する。同日の記者会見では、XeonやAtomプロセッサを使用したRSAのモックアップも公開している(写真4

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら