米Microsoftは2013年7月10日(現地時間)、米国・ヒューストンで開催中のパートナー企業向けカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2013」で基調講演を行い、Windows 8.1やクラウドに関する最新情報や、2014会計年度に提供予定の新製品について発表した。

Windows 8.1はサービスパックでなく、新しいWindows

 WPC 2013として最後となる7月10日の基調講演には、毎年恒例となる米Microsoft COOのケビン・ターナー氏が登壇。全世界から集まったパートナー企業からの参加者1万6000人に向けて、Microsoftからのメッセージを送った(写真1)。

 Windows 8についてターナー氏は、「世界の15億人のWindowsユーザーに向けてリリースした、もっとも革新的なOS」と定義。これに対してWindows 8.1は、Windows 8へのフィードバックを反映。「Windows 8.1はサービスパックではなく、全く新しいWindows」(ターナー氏)と強調した。年内にも一般向けに配布する点については、「わずか1年でOSの新バージョンをリリースするというスピード感に注目してほしい」とアピールした。

写真1●WPC 2013の基調講演に登壇した米Microsoft COOのケビン・ターナー氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Windows 8の動向を振り返った
[画像のクリックで拡大表示]

 ターナー氏はWindows 8のこれまでの歩みについて、9点に分けて振り返った(写真2)。タッチ対応については、“タッチファースト”の革新性に言及。PC、タブレット、スマートフォンといった各デバイスにおいて、共通のユーザー体験を実現したことを優位性として挙げた。

 Windowsストアについては「135の国や地域でアプリストアをオープンし、10万本のストアアプリがそろった」と説明。ARMについては、「x86アーキテクチャだけではない新たなプラットフォームへの進出により、エコシステムを大きく変えた」とアピールした。

 Surfaceについては、PCとタブレットを兼ね備えており、「2つのデバイスを別々に持ち歩く必要がなくなった」と説明。新しいフォームファクターのPCについて、「インテルによるClover TrailやHaswellといった革新的なプロセッサにより、薄型軽量でバッテリー駆動時間も長いPCが実現した。特にHaswellは素晴らしく、ぜひ導入してほしい」と呼びかけた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら