米Gartnerが現地時間2013年6月24日に公表した推計によると、パソコン、タブレット端末、携帯電話を合わせた2013年の世界出荷台数は前年から5.9%増の23億5000万台となる見通し。

 このうち従来型パソコン(デスクトップ・ノートパソコン)の出荷台数は、同10.6%減の3億500万台と同社は予測している。またGartnerは、Chromebookや薄型軽量の二つ折り型ノートパソコン、Windows 8搭載のタブレット型、ハイブリッド型パソコンを「ウルトラモバイル」と呼んでいる。これら含めたパソコン全体の出荷台数は前年比7.3%減の3億2500万台となり、減少率は従来型パソコンに比べ小幅にとどまる見通し。

 一方、米AppleのiPadに代表されるようなタブレット端末の出荷台数は2億200万台で、同67.9%増と高い伸びで推移する。携帯電話は18億台超で、前年比伸び率は4.3%とGartnerは予測している。

 Gartnerによると、パソコンの出荷台数は2013年の第1四半期(1~3月)に大きく落ち込んだが、これには2つの要因があるという。1つは、いつでもどこでも利用できるコンピューティングデバイスを消費者が求めるようになり、需要に変化が生じていること。もう1つは2013年後半に登場が予定されている新型パソコンに備え、流通各社が調整に入ったため。

 Gartnerは、前述の「ウルトラモバイル」と呼ぶカテゴリーの製品が2013年後半に伸びると予測している。同社の推計によると、2012年に約900万台だったウルトラモバイルの出荷台数は2013年に2倍以上の約2000万台に達し、2014年も前年比ほぼ2倍の約3900万台になる。

 総じて、今後の世界コンピューティングデバイスは従来型パソコンが落ち込む中、タブレット端末、スマートフォンの強い伸びに支えられ、規模は比較的小さいもののウルトラモバイルも市場成長に寄与する、とGartnerは予測している。

[発表資料へ]