左がExcel、右がWordの画面例
左がExcel、右がWordの画面例
[画像のクリックで拡大表示]
左はPowerPointの画面例。右は「最近使ったファイル」の一覧
左はPowerPointの画面例。右は「最近使ったファイル」の一覧
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2013年6月14日、iPhone向けの「Office Mobile」を米国のApp Storeで無料公開した。同社のクラウドサービス「Office 365」のユーザーが対象で、Word、Excel、PowerPointのファイルを閲覧・編集できる。

 アプリの名称は「Office Mobile for Office 365 subscribers」。SkyDriveやSkyDrive Pro、SharePoint上に保存してあるOffice文書や、メールに添付されているOffice文書を開いて、閲覧と簡単な編集ができる。iPhoneの小さな画面に最適化されており、グラフや図形、SmartArtなどを表示可能。編集はオフラインでも行える。WordとExcelについては、コメントの参照や追加が可能だ。

 対応機種は、iPhone 4/4S/5と第5世代iPod Touch。iOS 6.1以降が必要。なお、対応言語は日本語を含む27言語としているが、記事執筆時点では、日本のストアではまだ提供されていない。

 iPhone/iPad向けのOfficeについては、かねて開発中とのうわさやリーク情報が流れていた。デジタルノートアプリのOneNoteや、コミュニケーションアプリのLyncについては既にiPhone/iPad用アプリが提供されている。