KDDIは2013年6月10日、4月27日(関連記事)、5月29日(関連記事1関連記事2)、5月30日(関連記事)と立て続けに起こしたLTEの通信障害について、その原因と対策を説明する記者会見を開催した。

図1●一連のLTE通信障害について謝罪する
KDDIの田中孝司社長
[画像のクリックで拡大表示]

 会見に出席した同社の田中孝司社長(写真1)は、「(通信障害対策について)4月の決算会見で経営の最重要課題としたが(関連記事)、その矢先に一連の障害を起こしてしまった。大変申し訳ない」と謝罪した。さらに「スマホ/4G時代は、一度障害が起きるとスパイク的にトラフィックが膨れ上がる。オペレーションミスや障害が起きた時の対策に甘さがあった。全社を挙げてスマホ/4G時代の“機能安全”を確立したい」と続けた。

 一連の障害対策としてKDDIは、総額300億円の設備投資を実施する。さらに一連の障害でLTEデータ通信、音声通信を利用できなかったユーザーに対して、700円(税抜き)を減算する対応を取ることを明らかにした。

発端はMMEのバグ、ショートパケットで機器がリセットされる

 今回KDDIが立て続けに起こしたLTEの通信障害は、(1)4月27日 16時1分に発生した、東京、神奈川県、山梨県の一部、最大約59万ユーザーがLTEデータ通信を利用できなくなった障害(継続時間6時間17分)、(2)5月29日 4時30分に発生した、東京、神奈川県、山梨県の一部、最大約56万ユーザーがLTEデータ通信、音声通話サービスを利用できなくなった障害(継続時間18時間43分、音声通話サービスの障害はそのうち2時間52分)、(3)5月30日 13時4分に発生した、東京、神奈川県、山梨県の一部、最大約64万ユーザーがLTEデータ通信を利用できなくなった障害(継続時間9時間58分)---である。

 実はこれら3つの通信障害は、すべて基地局の接続管理や端末の移動制御を行う、LTEのコア・ネットワークの制御装置である「MME」(Mobile Management Entity)のバグに起因していたという。

 KDDIは各エリアごとに、全国で19個のMMEを運営している。今回のバグによって障害が起きたのは、東京都、神奈川県、山梨県の一部の基地局や端末の制御を担う、東京・多摩のセンターに設置されたMMEだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら