世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress(MWC) 2013」が、間もなくスペイン現地時間の2013年2月25日に開幕する。会期は2月25日~28日の4日間。今年は昨年までの会場「Fira Montjuic」から南西に4キロメートルほど離れた新たな会場「Fira Gran Via」(写真1)に移っての開催となる。会場の広さはほぼ2倍となり、各出展ブースやカンファレンス会場も規模が拡大。昨年の実績である6万5000人を超える来場者が見込まれている。

写真1●新たな会場となる「Fira Gran Via」に場所を移しての開催
[画像のクリックで拡大表示]

グーグル不在に対し、第3のモバイルOSが存在感を示すか

 MWC 2013の目玉の一つになりそうなのが、Android、iOSに次ぐ“第3のモバイルOS”を狙う勢力「Tizen」「Firefox OS」などの動きだ。いずれの団体も今回のMWCにおいて大規模なプレスカンファレンスを予定しており、本格的な展開に向けたアナウンスがされる可能性が高い。

 「Tizen」は、韓国サムスン電子、米インテルが中心となって開発を進め、Tizen Associationがビジネス展開を推進するモバイルOS。モバイル向けのTizen Mobile(Tizen 2.0)と車載向けのTizen IVIの二つの流れが存在しており、前者はサムスン電子のプラットフォーム「SLP(Samsung Linux Platoform)」をベースにしており、後者はインテルを中心としたMeeGo 1.2をベースにしている。LiMo Foudationの資産も取り組んでおり、その流れからかTizen Associationには日本からもNTTドコモやNEC、パナソニック、富士通が参加している。

 HTML5を利用したWebアプリを全面的に採用するが、パフォーマンスが要求されるアプリケーションに対してネイティブアプリもサポートしている。現時点でTizen Mobileを採用した端末は登場していないが、2013年2月18日にTizen Mobile 2.0の正式版SDK(ソフトウエア開発キット)が公開されており、今回のMWCで搭載端末や通信事業者による採用が明らかになる可能性がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら