写真●音波チェックインについて説明するドコモの斎藤担当部長
写真●音波チェックインについて説明するドコモの斎藤担当部長
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2013年2月20日、スマートフォン利用者を対象にしたポイント付与やクーポン配信のトライアルサービスを開始した。今回のサービスに参加する都内177店にスマホ利用者が近づくと、来店するだけでたまる独自のポイントやクーポン、セール情報を提供して、顧客に店舗での購買を促す。

 サービス名は「ショッぷらっと」。トライアルは8月末まで実施する。ドコモはネットとリアルの融合を目指し、スマホ利用者を実店舗に誘導するOtoO(オンライン・トゥ・オフライン)分野を積極的に開拓していく。ドコモのスマートコミュニケーションサービス部の斎藤剛オープンサービス企画担当部長は「この分野にはまだ完成されたモデルが存在しない。我々も参入して実績を積み重ねたい」と意気込みを語る。

 トライアルには、東急百貨店のほか、カフェ・カンパニーやタワーレコード、ナムコ、プーマジャパン、リンガーハット、ワタミフードサービスなどの一部店舗が参加する。3月末までには300店以上に増やし、その後は1000店規模まで対象を広げていく計画だ。なかでも、大規模な街の再開発が予定されている東京・渋谷で対象店舗を多数集めていく方針である。

 東急百貨店の上根弘之常務執行役員は「これまで当社は、既に店内にいて、まだ買い物をしていない顧客にアプローチする手段を持ち合わせていなかった。今回の仕組みでどれくらいの反応があるかを見てみたい」と語る。

 なお利用者は、あらかじめ自分のスマホにショッぷらっとのアプリをダウンロードし、性別や生年月日、郵便番号といったプロフィールを登録する必要がある。ドコモの携帯電話利用者でなくとも、サービスを利用できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら