写真1●東京ビッグサイトで開催されたHadoop Conference Japan 2013 Winter
[画像のクリックで拡大表示]

 オープンソースソフトウエア(OSS)の分散バッチ処理ソフト「Hadoop」のユーザー会「Hadoop Conference Japan 2013 Winter」が2013年1月21日、東京ビッグサイトで開催された(写真1)。スマートフォン向けコミュニケーションツール「LINE」を運営するNHN Japanの中村俊介氏が、LINEのストレージとして利用する「HBase」の運用ノウハウを語るなど、ユーザー企業やHadoop関連ベンダーによる21セッションが行われた。

 Hadoop Conference Japanが開かれるのは、今回が4回目。冒頭のセッションでは、Hadoopのオリジナル開発者であるダグ・カッティング氏(Apacheソフトウエア財団会長)がビデオメッセージを寄せ、今後のHadoopの開発方針などを説明した。

 Hadoopは、米グーグルが2000年代前半に論文発表した分散ファイルシステム「Google File System」と並列プログラミングモデル「MapReduce」を元に作られた。Hadoopベースのデータベースである「HBase」もグーグルが論文発表した「BigTable」がモデルになっているほか、カッティング氏が所属する米クラウデラは、グーグルが2010年に論文発表した高速クエリー処理エンジン「Dremel/F1」をモデルにした「Impala」の開発を進めている。

 グーグルは2012年にも、異なる大陸/地域にあるデータセンター間でデータを複製できるDB「Spanner」の論文発表をしており、「Hadoopの進路はグーグルが示している」(カッティング氏)との見方を示した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら