写真●Touch Downtown 六角橋

 NFC LABは2012年11月17日、NFC(Near Field Communication)の実証と普及を狙ったイベント「Touch Downtown 六角橋」を横浜市の六角橋商店街で開催した。

 NFC対応スマートフォンを腕に仕込んだ戦隊ヒーローやNFCを利用したロールプレイングゲーム風スタンプラリーなどのアトラクションが行われ、子供や若者などで賑わった。

昭和の香り漂う商店街で最先端技術を実験

写真●六角橋商店街のアーケード
[画像のクリックで拡大表示]

 NFCは、タグとリーダー/ライターを至近距離に近付けることでタグの情報を読んだり書き込んだりすることができる通信技術。日本でもNFCのリーダー/ライター機能を備えた対応スマートフォンの販売が始まり、サイバーエージェントと東京急行電鉄(東急電鉄)が広告に利用したり(関連記事)、ヤフー(Yahoo! JAPAN)と凸版印刷がイクスピアリで「イクスピアリ・クリスマス・タッチラリー」を開催したりするなど、商業利用が始まりつつある。

 NFC LABは、NFCの普及促進や応用の研究に取り組む企業などのコミュニティ。NFCの様々な利用方法を実際に検証し、普及を拡大するためにこのイベントを企画した。舞台となった六角橋商店街は、大日本プロレスの試合や、「ドッキリヤミ市場」と呼ぶ夜間フリーマーケットなどユニークなイベントで知られる商店街。とはいえ歴史は古く、アーケード街には昭和の香りが漂う。その下町情緒あふれる商店街で、最先端のNFCとスマートフォンを活用したイベントが行われた。

凸版印刷の社員らが戦隊ヒーローに扮装

写真●来場者に配られたNFCカード
NFCタグはソニーが提供。
[画像のクリックで拡大表示]
写真●非接触戦隊ロッカク
腕にNFCカードでタッチするとプレゼントがもらえる。
[画像のクリックで拡大表示]

 イベント来場者にはNFCチップ内蔵のカードが配られ、NFC LABのメンバー企業が持ち寄った、それぞれの技術を生かした企画を楽しんだ。

 凸版印刷のアトラクションは「非接触戦隊ロッカク」。戦隊ヒーローに扮した凸版印刷の社員らの腕には、NFC対応スマートフォンが仕込まれている。カードでロッカクの腕にタッチすると、ステッカーがプレゼントされる。6人全員をタッチしてクリアするとプレゼントがもらえる仕組みだ。

 ロッカクは子供たちに取り囲まれ大人気。開始後間もなく用意したプレゼントがなくなってしまうほどだった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら