写真1●サーバー&ツールビジネス担当プレジデントのSatya Nadella氏
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは、シアトル郊外の本社で開発者向けカンファレンス「BUILD 2012」を開催している。その2日めとなる2012年10月31日(現地時間)のキーノートに登壇したサーバー&ツールビジネス担当プレジデントのSatya Nadella氏(写真1)は「デバイス&サービスの新時代に入った」と語り、Windows Azureに対して時代に合わせた様々な拡張を実施していくことを明らかにした。

 Nadella氏はまず、Microsoftが200以上のクラウドサービスを提供していることを説明(写真2)。Microsoft社内では、それらで得た経験をWindows ServerやWindows Azureに反映させるフィードバックサイクルで開発を進めているという。その中でNadella氏は、これからのクラウドの目指す方向性を示すキーワードとして「デバイスセントリック」「Webセントリック」「クラウドスケール」の3つを挙げた(写真3)。

写真2●Microsoftでは200以上のサービスで得たデータをWindows ServerやWindows Azureの開発に生かしている
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●今後のクラウドの方向性として「デバイスセントリック」「Webセントリック」「クラウドスケール」の3つのキーワードを挙げた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら