2012年10月29日、「近未来教育フォーラム2012」が東京都内で開催された。テーマは「オープンエデュケーション」で、特にこの分野で先行する米国や韓国の事例が多数紹介された。

教育は情熱を増幅し、格差を超える

 米国の最新事情を取り上げた一人が、基調講演に立った京都大学高等教育研究開発センター教授の飯吉透氏(写真1)。オープンエデュケーションに取り組む多くの大学や研究機関などの事例を紹介、解説した。

写真1●京都大学 教授の飯吉透氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「教育の原点は、情熱と狂気」とする飯吉氏がまず紹介したのは、“情熱の増幅”を実行する人たち。ここでは、物理が好きで好きでたまらない物理学者が、毎回の授業のために膨大な体感ツールを準備して授業に臨む様子や、いとこのためにと遠隔教育を始めた1人の銀行家がいまや3000種類のビデオ講義をインターネット上で紹介するようになった「Khan Academy」などを取り上げ、「彼らの情熱とインターネットによっていろいろなことが起こっている」とした。

 飯吉氏は、インターネットによる公教育の逆転現象(Flipped classroom)を取り上げた。従来は家で予習し学校で授業をしていたが、「インターネット時代にも同じことをやっていていいのか」「知識を得るだけなら、自宅学習で済むのではないか」という問いである。グループ単位のチュートリアルが、今後の学校教育の姿ではないかとみる。

 次に取り上げたのは、“格差超越”を実現する教育の事例である。アルゼンチンのLa Punta大学が支援している人口非密集地域向けの遠隔教育や、米マサチューセッツ工科大学(MIT)による実験設備の遠隔利用、アフリカでのオンライン大学「African Virtual University」などだ。発展途上国では、経済成熟国の“当たり前”が通用しない。学校という「箱モノ」が普及する前に、いきなりオンラインの教育機関が登場するなど、異なる進化を遂げる可能性があると飯吉氏は指摘する。

2010年代は「Cの10年」

 飯吉氏は、「オープンエデュケーション」を、「オープンテクノロジー」「オープンコンテンツ」「オープンナレッジ」の3要素で構成されるとする。このうち、最も話題が多いのはオープンコンテンツ。10年前から取り組みが始まった「MIT OpenCourseWare」が進化を続けていることや、その対抗軸として、カーネギーメロン大学(CMU)の「Open Learning Initiative」など各地の大学で多くの取り組みが始まっている様子や、企業によるオープン化の取り組みの代表として米アップルの「iTunes U」、狭義の教育とは異なるが短時間のプレゼンテーションを主体とするカンファレンス「TED」などを紹介した。

 「うまい教え方」を共有するオープンナレッジの分野でも、取り組みは盛んだ。チームティーチングすることを前提としたビデオなどを紹介、教え方についても「見える化」と「パッケージ化」が進行しており、ネットを通じて伝播が広がっているとする。

 飯吉氏は、時代の変遷としてeコマースやeビジネスが話題になった1990年代の「Eの10年」、オープンソースやオープンシステムによる2000年代の「Oの10年」を経て、2010年代はコラボレーションやコミュニケーションなどの「Cの10年」に入ったとする。同氏は、日本の組織が「E」と「O」を十分に理解し体験しないまま「C」の時代に適応できるのか、という疑問を呈した。

 高等教育の未来として飯吉氏は「高等教育がパイプライン型からネットワーク型へと構造的に見直される」「物理的空間としての大学、という概念が見直される」「教える人=教員 vs 学ぶ人=学生という役割の見直し」「高等教育=学位という固定観念の見直し」などを挙げた。

 事例満載の飯吉氏の講演を締めくくったのがスティーブ・ジョブズ氏のコメント。「人類がより良く進化するための方法は、最善を選択して皆に広めること」という発言を引用して同氏は講演を終えた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら