日本経済社は2012年10月9日、IT製品の導入に関与するビジネスマンへのアンケート調査に基づいた、IT企業のイメージランキングを発表した。情報システム部門と経営者・役員クラスの双方に対して、ハードウエア分野、ソフトウエア分野、サービス分野の企業イメージを調査した。ソフトウエア分野の経営者・役員クラスにおいて、日本IBMのソフトが1~4位を独占した。

 調査名称は「IT導入関与者調査」。定期的に実施しており、今回は2012年6月15日から6月20日までWebアンケート方式で実施した(前回はイメージランキングではなく、東日本大震災の影響をテーマに実施して2011年8月に発表)。調査対象は社員50人以上の企業・団体でIT製品/サービスの導入に関与するビジネスマン。調査対象者2062人のうち、情報システム部門(1216人)と経営者・役員クラス(279人)について、有効回答数30人以上のIT企業のデータを集計した。

 なお、それぞれの分野(情報システム部門のハードウエア分野など)のランキングは、(a)企業認知(知っているかどうか)、(b)イメージ(「信頼性が高い」など、当てはまるものを全22項目から選ぶ)、(c)情報接触(「雑誌」や「展示会・見本市」など、当てはまるものを全7項目から選ぶ)---の情報を集計して調べた。数値化に当たっては、多変量解析手法の主成分分析を行い、主成分得点を偏差値得点化して計算した。

 ハードウエア分野の結果は以下の通りである(表1、表2)。情報システム部門は、1位が富士ゼロックス、2位がシスコシステムズ、3位がキヤノン。経営者・役員クラスは、1位がキヤノン、2位がNEC、3位が富士ゼロックス。

表1●総合得点ランキング上位20位(ハードウエア分野:情報システム部門)
順位企業名部門総合得点
1富士ゼロックス複合機78.1
2シスコシステムズネットワーク機器73.1
3キヤノン複合機72.2
4富士通クライアントPC68.8
5日本IBMPCサーバー68.0
6NECクライアントPC66.7
7リコー複合機65.6
8ネットアップストレージ専用装置63.0
9パナソニッククライアントPC62.7
10日本IBMハイエンドサーバー62.4
11富士通PCサーバー61.6
12デルクライアントPC61.4
13日本ヒューレット・パッカードPCサーバー60.9
14日本ヒューレット・パッカードクライアントPC59.6
15東芝クライアントPC58.4
16EMCジャパンストレージ専用装置57.1
17レノボ・ジャパンクライアントPC56.2
18ヤマハネットワーク機器56.1
19NECPCサーバー55.7
20アライドテレシスネットワーク機器55.4
表2●総合得点ランキング上位20位(ハードウエア分野:経営者・役員クラス)
順位企業名部門総合得点
1キヤノン複合機77.4
2NECクライアントPC76.7
3富士ゼロックス複合機73.1
4リコー複合機66.7
5富士通クライアントPC65.0
6日本IBMストレージ専用装置63.7
7セイコーエプソン複合機62.6
8東芝クライアントPC61.2
9日本IBMハイエンドサーバー60.8
10パナソニッククライアントPC60.2
11デルクライアントPC59.4
12日本IBMPCサーバー59.4
13NECネットワーク機器58.6
14NTT東日本ネットワーク機器56.9
15シスコシステムズネットワーク機器56.8
16バッファローストレージ専用装置55.8
17富士通PCサーバー55.2
18NECPCサーバー55.1
19日本ヒューレット・パッカードストレージ専用装置54.4
20アイ・オー・データ機器ストレージ専用装置53.5

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら