Amazon.co.jpは2012年10月25日、電子書籍配信サービス「Kindleストア」の日本語サイトを開設した。Amazonのアカウントを持つユーザーであれば、購入したい電子書籍を表示してボタンをワンクリックするだけで購入できる。iOSやAndroid端末向けに無料のアプリを配信しており、購入した電子書籍を表示できる。

[画像のクリックで拡大表示]

 Kindleストアは、小説や実用書などさまざまなジャンルが並ぶ「Kindle本」に加え、コミックを集めた「Kindleコミック」、海外書籍の「Kindle洋書」といったページを用意している。紙の本の価格と比べて「最大78%OFF!」などと表示したセールを実施しているほか、5冊限定でコミック第1巻を99円で販売している。

 日本語の電子書籍は角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、集英社、小学館、新潮社、文藝春秋などが提供しており、5万冊以上がそろうとしている。そのうち1万5000冊がコミック。

 購入したい書籍を選ぶと、従来の紙の書籍を購入する場合と同様の画面が現れる。ただ、紙の書籍の場合と比べると購入の操作が簡単になっている。Amazonのアカウントでログオンした状態で、画面右側の「1-Clickで今すぐ買う」と書かれたボタンを押すだけで完了する。同じ画面には紙の書籍との価格を比べる表も示している。

[画像のクリックで拡大表示]

 専用端末の「Kindle」「Kindle Fire」は発売前であるため、現在は購入した電子書籍を、iOS用およびAndroid用の無料アプリでダウンロードすることで表示できる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]