写真●3人のパネリスト。左から大屋誠氏、松本安英氏、金谷敏尊氏(撮影:新関雅士)
写真●3人のパネリスト。左から大屋誠氏、松本安英氏、金谷敏尊氏(撮影:新関雅士)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ビッグサイトで開催されている「ITpro EXPO 2012」において2012年10月12日、「実は大変!クラウドの運用を考える」と題するパネルディスカッションが行われた(写真)。クラウドならではの運用上の課題を見極めるとともに、解決策を探った。結果として、用途に応じたリソースの確保や、運用管理方法の標準化が重要である、という共通認識を得た。

 パネリストは3人。パブリッククラウドを運営するIDCフロンティアの大屋誠氏(ビジネス推進本部 サービス開発部 部長)、運用管理の標準化推進団体DMTFのボードメンバーの松本安英氏(富士通研究所 クラウドコンピューティング研究センター 主任研究員)、ITコンサルティングを手がけるアイ・ティ・アールの金谷敏尊氏(シニア・アナリスト)。そしてモデレータは日経BP社の星野友彦(コンピュータ・ネットワーク局 局長補佐)が務めた。

仮想サーバーの仕様や運用方法の標準化が問われる

 まず、IDCフロンティアの大屋氏が、「クラウドを契約するユーザーは、仮想サーバーのリソースの実態を判断しにくい」という問題点を挙げた。IaaSベンダー各社が公開しているメニューだけでは、仮想サーバーの性能、可用性、機能上の制約(仮想IPアドレスを割り振れるかなど)といった情報が分かりづらい、という問題である。

 アイ・ティ・アールの金谷氏も、これに同調。ハードウエアやソフトウエアスタックの種類を公開していないIaaSベンダーが多いとした。仕様表の読み方もIaaSベンダーによってまちまちであり、例えば「VCPU」という表現をどう解釈すべきかが異なるという。CPUの型番や動作周波数、コア割り当てなどの細かな表記がIaaSベンダーによって異なるという。

 こうした違いについてDMTFの松本氏は、「複数のサービスを比較検討できるようにするには、標準化が重要」と説く。まずは、仕様表の読み方(表現方法)についての標準化が大切であり、さらにベンダーによるロックインから逃れるために仮想サーバーの実現方法や運用方法の標準化が必要になるとした。

 実際にさまざまなユーザー企業やベンダーを見てきたアイ・ティ・アールの金谷氏は、「運用方法は、ベンダーごとにバラバラなのが実状」と指摘。監視方法、ハードウエアの保守方法、インシデントの解決方法などが異なるという。

リソースプールの管理が必要に

 物理サーバーと仮想サーバーの運用方法の違いについては、仮想サーバーの目的あるいは利点、すなわち「サーバー集約による余剰リソースの削減=利用率の向上」がポイントになる。物理サーバーの時代は利用率に余裕を持ってサイジング(容量設計)するのが当たり前だったが、仮想サーバーでは無駄をなくすことが重要になる。

 アイ・ティ・アールの金谷氏は、仮想サーバーならではの管理負荷として、「リソースプールの管理作業が新規に発生する」ことを挙げた。「サービスカタログ/メニューの標準化」が必要になるほか、可用性(SLA)の違いに応じて複数のリソースプールを用意しておき、これらをそれぞれのメニューから使い分ける、という運用方法にすべきだという。

 IDCフロンティアの大屋氏は、共有型で厳密なSLAがないパブリッククラウドを運用している立場から、ユーザーが知らないところで、ユーザーごとのリソース使用状況を分析し、空いているリソースを生かして、上手にリソースを割り振っている。ユーザーは最初からリソースに余裕を持って契約するわけではないので、結果としてリソースの利用率は高めになっているという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら