優れたコンピュータエンターテインメントソフトウエア作品を表彰する「日本ゲーム大賞2012」(主催:コンピュータエンターテインメント協会)の「経済産業大臣賞」が9月20日発表された。受賞したのはニンテンドー3DSの開発チーム。経済産業大臣賞は、家庭用ゲーム産業の成長・発展に寄与した「人物(および制作チーム)」に贈られる賞。過去には任天堂の宮本茂氏、カプコンのモンスターハンター開発チーム、ゲームデザイナーの堀井雄二氏、ポケモン代表取締役社長の石原恒和氏が受賞している。

[画像のクリックで拡大表示]

 今回の受賞理由は、携帯用ゲーム機としては初となる裸眼3D液晶ディスプレーを搭載したハードウエアによってゲーム表現の可能性を広げ、新たなゲームコンテンツの登場を促したこと。ハードウエアの進化がソフトウエアの可能性を切り開いたとも言えるだろう。

 司会の伊集院光氏は「3DSは単純に3D映像に対応したDSと思われがちだが、実際にはもっとすごい機能がたくさんある。そういう点も含めて今回の受賞は意味がある」とコメントした。

[画像のクリックで拡大表示]

(文/堀井塚 高、写真/伊藤竜男)