写真1●当初計画を前倒しして9月からLTEサービスを開始
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2012年9月14日、iPhone5の発売に合わせて、9月21日からLTE商用サービスを開始すると発表した。当初KDDIではLTEサービスを2012年12月から開始するとしていたが、それを3カ月前倒しした形になる(写真1)。サービス名称は「au 4G LTE」であり、サービス開始当初は最大75Mビット/秒の速度。対応機種は当初はiPhone 5の1機種となる。

 料金は基本使用料である「LTEプラン」が月額980円、パケット定額サービス「LTEフラット」が月額5985円(7Gバイト以降は通信速度が128kビット/秒に制限)、ネットやメールを利用するためのプロバイダーサービス「LTE NET」が月額315円。オプションとして月額525円でテザリング機能が利用可能になる。通常速度で利用できる通信量も500Mバイト追加される。なおLTEだけでなく「3Gを利用した場合でもテザリングが可能」(石川雄三取締役執行役員専務)という。

 なお上記は正規のLTEサービスの料金だが、iPhone5向けには特別料金が設定されている。パケット定額サービスは最大2年間で月額5460円に、テザリング利用料も最大2年間無料となっている。

 サービス開始当初のエリアは東京23区、および政令指定都市を中心とした全国主要エリア。ただしすべてのエリアで最大75Mビット/秒のサービスを利用できるわけではなく、「最初の段階では最大37.5Mビット/秒のエリアのほうが多い」(石川専務)という。

2013年前半に112.5Mbpsに増速、2013年度中に150Mbpsサービスも

 会見の中で石川専務は、同社の今後の周波数戦略を明らかにした。同社が保有する帯域は、2.1GHz帯が20MHz幅×2、1.5GHz帯が10MHz幅×2、800MHz帯が15MHz幅×2である(関連記事)。メインバンドは2.1GHz帯と800MHz帯であり、まずは9月の時点で先行して2.1GHz帯で10MHz幅×2をLTE向けに確保し、LTEサービスを開始する。その後、800MHz帯、1.5GHz帯でそれぞれ10MHz幅×2も使ってLTEサービスを展開する。

 石川専務は「実はこれまで2.1GHz帯では、隣接するPHSとのガードバンドのために15MHz幅×2しか使えなかった。2012年6月からこのガードバンドが不要になったことで、LTE向けの帯域のやりくりがしやすくなった」と話す。

写真2●2013年前半には最大112.5Mビット/秒に増速
[画像のクリックで拡大表示]

 石川専務は今後、2013年の前半ではLTEサービスを112.5Mビット/秒に増速していくことを明らかにした(写真2)。2.1GHz帯で15MHz幅×2に増やしていくと見られる。さらに2013年度中にはカテゴリー4のLTE端末を導入し、最大150Mビット/秒までLTEサービスの速度を上げる考えも示した。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら