写真1●サンフランシスコで開催されたWindows Phone Summit(画像はChannel9のライブ配信から、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年6月20日(現地時間)、米Microsoftはサンフランシスコで「Windows Phone Summit」を開催し、Windows Phoneの次期メジャーバージョンである「Windows Phone 8」を正式発表した(写真1)。

 Windows Phone 8(コードネーム"Apollo")について、Microsoftは「次のメジャーバージョン」などの呼称を用いていたが、今回の発表会で初めてWindows Phone 8という製品名を発表したことになる。

Windows 8と同じカーネルを使用

 現地時間で午前9時から始まった発表会では、最初にWindows Phone部門を統括するコーポレート・バイスプレジデントのTerry Myerson氏が登場(写真2)。Windows Phoneのこれまでの歩みを振り返りつつ、次のバージョンが「Windows Phone 8」という名称になることを発表した。

 次に、Windows Phoneユーザーにとって馴染み深い、コーポレート・バイスプレジデントのJoe Belfiore氏が登場(写真3)。Windows Phone 8の機能を次々と披露した。

写真2●Windows Phone 8を発表する米MicrosoftのTerry Myerson氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Windows Phone 8の新機能を解説する米MicrosoftのJoe Belfiore氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●Windows Phone(左)とWindows(右)でコアを共有する
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows Phone 8の最も大きな変化としてBelfiore氏が最初に紹介したのがWindows 8のコアを採用するというもの。内部構造として、従来のWindows Phoneが採用していたWindows CEカーネルに代わり、Windows 8と同じWindows NTカーネルを採用する(写真4)。

 発表会では“Shared Windows Core”と表現されるカーネルやネットワーキング、マルチメディア、デバイスドライバといったコンポーネントが、Windows 8とWindows Phone 8で共有されるようになる。これにより、端末メーカーはWindows 8のデバイスドライバをWindows Phone 8に流用するようなことが可能になるという。

ハードウエアサポートが大幅に進化

写真5●マルチコア、複数の画面解像度、SDカードに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows Phone 8では、ハードウエアサポートも大きく進化する(写真5)。

 プロセッサーについて、従来のWindows Phoneがシングルコアのみのサポートだったのに対し、Windows Phone 8では新たにデュアルコア(あるいはそれ以上)のプロセッサーをサポートする。アーキテクチャ上は、64コアのシステムでも動作するという。

 画面解像度も従来は800×480ピクセルのみだったが、Windows Phone 8では以下の3種類がサポートされる。いずれの解像度においても、従来のWindows Phoneアプリは問題なく動作するという。

  • WVGA(800×480ピクセル, 15:9)
  • WXGA(1280×768ピクセル, 15:9)
  • 720p(1280×720ピクセル, 16:9)

 MicroSDについて、従来のWindows Phoneではエンドユーザーによる交換は想定されておらず、搭載しない端末も多かった。しかしWindows Phone 8では交換可能なMicroSDカードをサポートする。具体的な用途としては「写真・音楽・動画・アプリのインストール」が挙げられていた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら