自動販売機の周りでWi-Fiが使える。Wi-Fi対応自動販売機1台につき、Wi-Fi対応機器を数十台程度まで同時接続できるという
[画像のクリックで拡大表示]

 アサヒ飲料は、自動販売機にWi-Fiルーターを搭載して、周辺のモバイルユーザーに無料でインターネット接続を提供するサービスを2012年初めから開始する。まず、仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを中心に初年度1000台を設置。5年以内に1万台規模に拡大していく。

 公共施設、商店街、交通拠点など多くの利用客が見込める場所に屋内外を問わず設置する。ルーターは無料無線LAN通信サービス「FREEMOBILE」を展開するタケショウの機器を採用する。同社は無線基地局付き自動販売機で実用新案登録を取得している。

 接続可能範囲は半径約50m。WPA2-PSKセキュリティ機能を備え、通信を暗号化できる。利用は、メールで登録するセキュア版と登録不要なフリー版の2種類があり、いずれも料金はかからない。連続接続は30分間で、これを超えるといったん切断される。

 接続サービスでは、清涼飲料の販売に加え、商品情報や周辺の商店街や地域情報、観光情報などを発信することもできる。アサヒ飲料は全国で約25万台の自動販売機を展開している。