米IBMは2011年12月19日、年末恒例の「5年以内に生活を一変させる5つのイノベーション予測」を発表した。概要は「人間が発電機能を持つ」「パスワードはいらなくなる」「心理解読が現実に」「非デジタル人間は存在せず」「ジャンクメールが貴重に」の5つである。

 人間の発電については、ジョギングやサイクリングなど熱さを生むものすべてがエネルギーを作るようになるといい、自転車に端末を取り付けて、それを漕いで得たエネルギーを家庭の照明に使うといった技術が進むという。パスワードについては、個人別の認証技術が進むため、銀行のATMでもパソコンでも入力の必要がなくなるという。

 マインドリーディング(心理解読)もフィクションではなくなると予想した。IBMの研究者が頭脳とコンピュータを結ぶ技術を発展させて、スマートフォンで電話したいと思えば、通話が始まるといったことが起きるとする。デジタルデバイドも消え、非デジタル人間は存在しなくなるという。5年後には56億人がデジタル端末とかかわり、生活や仕事の情報を得るという予測だ。

 ジャンクメールが貴重になるのは、より個人の嗜好にあった案内メールが送られてくることで、必要な情報がタイミングよく届くようになるため。旅行予約においても、「大雪が降る予報が出ているので飛行機のルートを変更しますか」といった状況に応じたサービスが受けられるようになるという。予測が実現になれば、世界のどこにいても個人生活の快適さが増すことになりそうだ。