米カリフォルニア州のアナハイムで開催されている米Microsoftの開発者会議「BUILD」で、タブレット(関連記事「写真で見るWindows 8搭載タブレット」、関連記事「Windows 8ではブルースクリーンも一新」)とともに配られたWindows 8の開発者向けプレビュー版。このWindows 8について、会場で配布されたタブレット版で操作してみたファーストルックをお届けしよう。一言で言うと、Windows Phoneで採用したMetroユーザーインタフェースを、従来のWindowsデスクトップにかぶせた印象だ。

 はじめて電源を入れるとライセンスに同意する画面やユーザー登録といった初期設定画面が表示されるが、ここではそうした初回特有の動作は省略する。初期設定が終わっているWindows 8の電源を入れると、まずスクリーンロック画面が表示される(写真1)。

写真1●Windows 8のスクリーンロック画面
この画面をめくるように指で上に滑らせるとユーザー認証画面になる
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャイロセンサーなど傾きを検知するマシンでは、縦向きにするとスクリーンロック画面も縦になる(写真2)。

写真2●画面を縦置きにするとスクリーンロック画面も縦に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら