米アナハイムコンベンションセンターで開催されている米Microsoftの技術カンファレンス「BUILD」での大きな話題と言えば、参加者に配られたタブレットPCだろう(関連記事「Windows 8プレビュー版搭載のタブレットを参加者に配布」)。このタブレットPCには、Microsoftが開発中の次期OS「Windows 8」の技術者向けプレビュー版がインストールされている。報道陣にも、同じタブレットが会期中限定で貸与されたので、その使用レポートをお届けする(関連記事「写真でみるWindows 8のUI、従来のデスクトップ上にMetroをかぶせる 」、関連記事「Windows 8ではブルースクリーンも一新」)。

 まずはタブレットの入っている箱の外観から。配られた箱は上下2段重ねになっており、まるで大きめのお弁当箱のようだ(写真1)。

写真1●BUILDで参加者に配布されたWindows 8搭載タブレットの箱
2段重ねになっており、まるでお弁当箱のようだ
[画像のクリックで拡大表示]

 この二つの箱をまとめる外側の紙のカバーには、「BUILDで配布する専用のタブレットPCであり、開発者向けプレビューである」と印刷してある(写真2)。ご丁寧に箱の隅には、テストマシンとして使うための開発者向けのプロトタイプハードウエアであることを示すシールが張ってある(写真3)。

写真2●箱の上部にはBUILD専用のハードウエアであると印刷してある
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●箱の隅には開発者向けのプロトタイプハードウエアというシールが張ってある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら