既報の通り、Windows 8は「Metro(メトロ)」という新しいユーザーインタフェースを搭載し、タッチ操作にも最適化されている。一方で、従来型のデスクトップ画面も残されており、「エクスプローラー」でファイルを管理したり、既存のアプリを動かしたりできる。とすれば、これら2つのユーザーインタフェースの関係はどうなっているのか。ユーザーはどう使い分けることになるのか。Windows 8の開発者向けプレビュー版を利用して、具体的に解説しよう。ここでは、報道関係者に貸与された韓国サムスン電子製のスレートPC「700T1A」を使って、実際の使い勝手を紹介する。

 Windows 8を起動してログオンすると、まずスタート画面が開く。ここには「Tile(タイル)」と呼ばれる長方形や正方形のアイコンが並んでいる。従来のショートカットアイコンに相当するもので、アプリのタイルをタップまたはクリックするとアプリが起動する。

[画像のクリックで拡大表示]

 実はこの中に、「Desktop」と書かれた青いタイルがある。これをタップすると、デスクトップ画面に移動する。タイルが青いのは、デスクトップの背景と連動しているからだ。また、スタート画面で従来型のアプリケーション(例えばエクスプローラーなど)を選んでも、自動的にデスクトップ画面に移動してからそのアプリが開く。従来型のアプリは、背景が緑色のタイルとして表示されるようだ。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら