2011年6月8日の9時(日本時間)から始まった「World IPv6 Day」(関連記事)。通信事業者各社やハードウエアベンダーなどは接続に何らかの問題が起こり得る製品/サービスの情報を公開している。

 最もよく知られているのは、「フレッツ 光ネクスト」や「Bフレッツ」など、NTT東日本/西日本(NTT東西)のフレッツ網にまつわるトラブル。ユーザーが以下の条件に当てはまるときなどに問題が起こる可能性がある。

  • NTT東西のフレッツ網につながるインターネット接続サービスを契約している
  • NTT東西のIPv6閉域網からRAなどでIPv6アドレスを受け取っている
  • IPv6インターネットへの接続性は持たない
  • 古いバージョンのアプリケーションを使っている

 NTT東西のユーザーだけでなく、フレッツ網経由で利用している他のプロバイダーや通信事業者のユーザーにも影響がある(関連記事1関連記事2)。

 具体的に、World IPv6 Dayの影響について告知している製品やサービスは以下の通り。

 まずスマートフォンに関しては、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが、以下の機種で問題が起こる可能性があるとしている。

  • NTTドコモ:GALAXY S(SC-02B)、GALAXY Tab(SC-01C)、Xperia arc(SO-01C)、Xperia(SO-01B)、AQUOS PHONE(SH-12C/SH-13C)、REGZA Phone(T-01C)、Optimus chat(L-04C)
  • KDDI(au):REGZA Phone IS04、SIRIUS α IS06、htc EVO WiMAX ISW11HT
  • ソフトバンクモバイル:HTC Desire(X06HT/X06HT II)、HTC Desire HD(001HT)、Libero(003Z)、AQUOS PHONE(006SH)
  • イー・モバイル:HTC Aria(S31HT)、Pocket WiFi S(S31HW)

 これらのスマートフォンで、無線LANを使ってフレッツ網経由で接続すると、httpsを利用した一部のWebサイトの閲覧ができない、正常にサービスが利用ができないといった影響があるという。特定のAndroidのバージョンと、端末メーカーが独自に作り込んだソフトウエアの組み合わせによって、httpsのWebサイトにアクセスした際にIPv6-IPv4フォールバックが正常に働かないケースがあるもようだ(関連記事)。各社とも回避策としては、一時的に無線LANの機能を無効にすることなどを紹介している。

 アクセス回線としてフレッツ網を利用するインターネット接続サービスの一部で、まれに表示が遅くなる、一部のWebサイトが正しく表示されないなどの問題が起こる可能性もある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら