写真1●「エフセキュア モバイル セキュリティ for Android」を発表するエフセキュア 日本法人代表の桜田仁隆氏
[画像のクリックで拡大表示]

 エフセキュアは2011年5月11日、個人向けのAndroid端末用セキュリティソフト「エフセキュア モバイル セキュリティ for Android」の販売を開始した(写真1)。

 モバイル セキュリティ for Androidは、ウイルスなどの不正プログラム検知機能のほかに、盗難・紛失対策機能、不審なサイトへのアクセス制御機能、子供に有害なサイトへのアクセスを制限するペアレンタルコントロール機能を備える(写真2)。

 不正プログラムを検知するタイミングは、Android端末にアプリケーションをインストールする際と、SDカードにアクセスする際である。このほか、手動でスキャンを実行させることも可能だ(写真3)。

写真2●ペアレンタルコントロールで子供にふさわしくないサイトをブロック
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●手動で端末全体をウイルススキャンすることも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 盗難・紛失対策機能では、SMS(ショート・メッセージ・サービス)を使ってAndroid端末にコマンドを送信することで、端末をロックしたり、データを消去(ワイプ)したりできる。端末の位置情報を取得するコマンドや、強制的に警告音を鳴らすようにできるコマンドも用意する。

 SIMカードを入れ替えると、その情報をあらかじめ設定しておいたアドレスにショートメッセージを送る仕組みも備える。端末の不正利用を防ぐためのものだ。

 対応するOSは、Android 2.1、同2.2、同2.3。エフセキュアによると、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが販売している計17機種のスマートフォンとタブレット端末について動作を確認したという。ただしauの端末では、端末の位置情報取得やSIM入れ替えの通知機能は利用できない。

 エフセキュア モバイル セキュリティ for Androidは、エフセキュアのオンラインストアまたはBBソフトサービスの「BBソフトダイレクト」から購入できる。価格は、1年間のライセンス付きが3500円、2年間のライセンス付きが5250円。

法人向けソフトは6月に出荷

 またエフセキュアは、法人向けに「エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネス」を6月20日から出荷することも発表した。

 法人向けの製品では、ペアレンタルコントロール機能はないものの、そのほかの機能は個人向け製品と同様である。またシステム管理者向けの管理サービスも提供する。企業が使用している運用管理システムと、管理サービスを連携エフセキュアが提供する管理連携するためのAPIも利用可能である。

 エフセキュア モバイル セキュリティ ビジネスはパートナー会社経由で販売する。価格は1~24端末の場合で1端末当たり年間3150円など。管理サービスやAPIを利用する場合は、別途料金を支払う必要がある。

 このほか、サービス事業者向け製品として「エフセキュア プロテクション サービス モバイル」を、5月11日に提供開始した。