ADKを構成する2枚のボード。手前がArduinoベースの入出力ボード、奥がセンサなどを搭載したボード
ADKを構成する2枚のボード。手前がArduinoベースの入出力ボード、奥がセンサなどを搭載したボード
[画像のクリックで拡大表示]
ADKを利用することで迷路脱出ゲームをタブレット端末で操作する実演
ADKを利用することで迷路脱出ゲームをタブレット端末で操作する実演
[画像のクリックで拡大表示]
タブレット端末で操作できる巨大迷路。台の上の人がタブレット端末を傾けると、それと同じように迷路が傾く
タブレット端末で操作できる巨大迷路。台の上の人がタブレット端末を傾けると、それと同じように迷路が傾く
[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォンでロボットを操作するアールティの実演
スマートフォンでロボットを操作するアールティの実演
[画像のクリックで拡大表示]
ブリリアントサービスの野菜工場の実演
ブリリアントサービスの野菜工場の実演
[画像のクリックで拡大表示]

 米Google社は2011年5月10日、米国サンフランシスコで開催している開発者向け会議「Google I/O」において、Android搭載端末向けの周辺機器を誰でも自由に開発できる仕組み「Android Open Accessory」を発表した。周辺機器を開発するためのボードなどをセットにした「Accesorry Development Kit(ADK)」を日本のサービス・ロボット開発企業であるアールティが提供する(アールティの発表資料)。米Apple社は「iPhone」などに向けた周辺機器を認可制にすることで、巨額のライセンス料を得ている。Google社は、Androidの周辺機器を誰でも開発できるようにすることでApple社に対抗する。

 Android搭載端末と周辺機器はUSBで接続することを想定する。Android搭載端末の多くはUSBホストに対応していないため、周辺機器側をUSBホスト、Android搭載端末側をUSBクライアントとして接続する。将来はBluetoothでも接続できるようにする計画だ。

 周辺機器を利用できるようにする「Open Accessory API」は、タブレット端末向けの新版である「Android 3.1」に搭載される。米Motorola社のタブレット端末「XOOM」で間もなく利用できるようになる見込み。スマートフォン向けの「Android 2.3.4」にも、Android 3.1向けとほぼ同じAPIを提供する。Google社のスマートフォン「Nexus One」や「Nexus S」で利用できるようになる。

 基調講演では、エクササイズ用室内バイクにAndroid搭載スマートフォンを接続する実演が行われた。また、木製の迷路を傾けてボールが穴に落ちないように脱出するゲームをタブレット端末で操作する実演もあった。迷路とタブレット端末はADKを介して接続されており、タブレット端末を傾けると、それと同じように迷路が電動で傾くようになっていた。会場のロビーでは、巨大な迷路で同様の実演が行われていた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら