ウェザーニューズは2011年3月23日、全国のユーザーから寄せられた東日本大震災の被災情報を地図とマッピングした特設Webサイト「減災リポートマップ」を公開した。被災者が実際に経験した4万件にのぼる被害を、津波、火災などカテゴリー別に確認できる。

 日本地図上に、カテゴリー別の被災情報をアイコンで表示。クリックすると、場所、時間と合わせてユーザーの災害レポートが見られる。写真が付くものもあり、その時の状況をビジュアルに知ることができる。

 カテゴリーは、津波、室内被害、建物損壊エレベーター、火災、液状化、道路ひび割れ、交通、ライフライン停止、ライフライン復旧、ガソリンスタンド・スーパー・コンビニ、電話・メール・携帯電話、帰宅困難の12種類。

 震災研究や、防災機関、個人の活動などに役立ててもらう。当初は3月11日~16日までの6日分約4万件でスタート。今後も全国から被害リポートを募集して掲載していく。被害リポートはKML(3次元地理空間情報の表示を管理できるXMLベースのマークアップ言語)形式ファイルで自由にダウンロードできる。