世界中のIPv4グローバルアドレス管理の大元であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)は米国時間の2011年2月3日、最後に残ったIPv4グローバルアドレス5ブロックを、世界に五つある地域インターネットレジストリー(RIR)にそれぞれ一つずつ割り振った。これをもって、ついにIPv4グローバルアドレスの中央在庫が枯渇した。

 今回の割り振りは、以前から決まっていた「IANA在庫が最後の5ブロックになった段階で、各RIRに1ブロックずつ割り振る」というポリシーに従って実行されたもの。既に米国時間の1月31日には、IANAがアジア太平洋地域のRIRであるAPNICに2ブロックを割り振っており(関連記事1関連記事2)、未割り振りの領域は5ブロックとなっていた。なお、ここで言うアドレスブロックは「/8」というサイズで、実際には1677万7216のIPv4アドレスの固まりを指す。

 IANA在庫の枯渇を受け、Number Resource Organization(NRO)、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)、Internet Society(ISOC)、Internet Architecture Board(IAB)は米マイアミで、2月3日9時30分(日本時間の午後11時30分)から、「インターネットの歴史における重大な節目となる」という式典とプレスカンファレンスを開催した。式典では五つのRIRの代表者に対して、最後のIPv4グローバルアドレスブロックの割り振り証書が手渡された(写真1)。

 IANAが公開している「IANA IPv4 Address Space Registry」によると、「102.0.0.0/8」がアフリカ地域のAfriNIC、「103.0.0.0/8」がアジア太平洋地域のAPNIC、「104.0.0.0/8」が北米地域のARIN、「179.0.0.0/8」が南米地域のLACNIC、「185.0.0.0/8」がヨーロッパ、中東、中央アジア地域のRIPE NCCにそれぞれ割り振られたもようだ。

「日本の『節分』に当たる日に良き門出」

 日本を含むAPNIC地域の代表として登壇したAPNICのDirector GeneralであるPaul Wilson氏(写真2)は、「2月3日は日本においては『節分』とされ、悪を払って新しく春の季節を迎える日。また、今は旧正月(春節)の期間でもあり、寅から卯に年が変わるときだ。新しい挑戦を始める節目には良い日だと思う」とコメント。アジア太平洋地域の行事を引き合いに出して、インターネットも新しい節目を迎えたことを強調した。

写真1●式典で5ブロックのIPv4アドレスを五つのRIRにそれぞれ割り振っている様子(USTREAMのストリーミング中継から)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●式典でのスピーチの様子(NROのストリーミング中継から)
[画像のクリックで拡大表示]

 Wilson氏によると、「APNICが担当する地域は世界のほぼ半分の人口を占めている。その中には大きな経済成長を遂げつつある国が含まれ、それだけIPv4グローバルアドレスの消費量も大きい」とのこと。APNICは1月31日に割り振られた2ブロックと今回の1ブロックを合わせ、3ブロック分の在庫を持っていることになる。

 ただし、「現時点では他のRIRと比べても最も多くの在庫を持っていることになるとはいえ、我々の予測ではそれもやがて枯渇していくだろう。IPv4だけでなく、次世代のIPv6も含めて、正しいアドレス管理が求められる。そしてIPv6への対応状況がどうなるかが、APNICでも世界の他の地域でも今年の課題となる」(Wilson氏)と、IPv6の重要さを語った。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら