AMDは2011年1月4日、新設計のCPUコアとDirectX 11対応のグラフィックス機能を1つのダイ(半導体本体)に統合した新型CPU、EシリーズとCシリーズを正式に発表した。低価格ノートPCやディスプレイ一体型PCに向けた製品で、同社はCPUに代わる言葉として「APU(Accelerated Processing Unit)」と呼んでいる。TDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)が9W、18Wと低いのが特徴。PCメーカー各社から搭載製品が登場する見込みだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 AMDが発表したのはこれまで「Zacate」(ザカテ)や「Ontario」(オンタリオ)の開発コード名で呼ばれていた製品。CPUコアは新設計の「Bobcat」(ボブキャット、開発コード名)で、PC向けのPhenomやAthlonの「K10アーキテクチャー」を簡素にしたような内部構造になっている。Zacate/Ontarioは、デュアルコアのBobcatと「ATI Radeon HD 5000」シリーズをベースにしたDirectX 11対応のグラフィックス機能やメモリーコントローラーなどを統合した製品だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 Bobcatはコアごとに512KBの2次キャッシュを備える。64ビットモードや、仮想化支援機能の「AMD-V」に対応する。メモリーはシングルチャンネルのDDR3-800/1066(1.35V/1.5V)をサポートする。グラフィックス部分には、同社独自の動画支援機能「UVD3」も搭載している。デジタルディスプレイ出力は2系統で、一方はDisplayPort/HDMI/DVI/LVDSに対応。もう一方はDisplayPort/HDMI/DVIに対応する。HDMIのバージョンは1.3。アナログRGB出力も可能。製造はTSMCで、プロセスルールは40nmだ。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 APUには、主流のノートPCやディスプレイ一体型PCなどに向けた性能の高い2モデルと、いわゆる「ネットブック」と呼ばれる低価格製品を想定した消費電力の低い2モデルがある。Zacateと呼ばれていたのはE-350とE-240。E-350はデュアルコアCPUで動作周波数は1.6GHz。E-240はシングルコア、1.5GHzだ。グラフィックス機能は「Radeon HD 6310」で動作周波数は500MHz。シェーダーは80個ある。TDPはいずれも18W。消費電力重視の製品は、デュアルコアで1GHzのC-50と、シングルコアで1.2GHzのC-30だ。グラフィックス機能として、280MHz動作、シェーダー80個の「Radeon HD 6250」を搭載している。パッケージは19mm角の413ピンBGAだ。

●AMDの新CPUの主な仕様
ナンバーE-350E-240C-50C-30
開発コード名ZacateZacateOntarioOntario
コア数2121
動作周波数1.6GHz1.5GHz1GHz1.2GHz
2次キャッシュ1MB512KB1MB512KB
内蔵グラフィックス機能Radeon HD 6310Radeon HD 6310Radeon HD 6250Radeon HD 6250
内蔵グラフィックス動作周波数500MHz500MHz280MHz280MHz
シェーダー数80808080
TDP18W18W9W9W

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら