2010年11月26日に発売されたNTTドコモのAndroidタブレット「GALAXY Tab」(SC-01C)。その第3回のレビューをお届けする。今回のテーマは「自炊した電子書籍を含むPDF文書の閲覧」である。

 まずはお詫びから。昨日公開した第2回のレビューにおいて、読者の数人の方から「優先席付近で使っているのはよろしくないのではないか」という内容のご指摘を受けた。

 ほとんど乗客がいない電車が来て、周囲に誰もいない状況だったため、つい乗り込んだその場でパチリとしてしまったが、一般席に移動するべきだった。不快に思われた方にお詫びするとともに、以後注意したい。

従来AndroidでPDFを読むのはハードルが高かった

 では、本題に戻ろう。今回のテーマがPDF文書の閲覧と聞いて、「何だ。そんなのPDF閲覧ソフト(ビューア)で開いて読むだけじゃないか」と思った人もいるかもしれない。しかし、Androidに関して言えば、パソコンと違って話はそれほど簡単ではない。

 あまり知られていないと思うが、これまでAndroid端末でPDF文書を読むのは、意外と大変だった。米アドビシステムズが公式のPDFビューア(Adobe Reader)を配布し始めたのは今年に入ってからのこと。しかも、Adobe Readerが要求するAndroidのバージョンは2.0以上。筆者の手元にあるXperia(2.1へのバージョンアップ前)やIS01といったAndroid 1.6以下の端末(写真1)ではAdobe Readerが使えないのである。

写真1●筆者の手元にあるGALAXY Tab以外のAndroid端末(KDDIのIS01とNTTドコモのXperia)
[画像のクリックで拡大表示]

 このため、ほかのPDFビューアを探すしかないが、筆者がざっと探した限り、「これだ」と納得できるレベルのフリーのビューアは無いに等しい状況だ(IS01ではいまだに見つけられず苦労している)。もちろん、あるにはあるが、表示はできるが動作が遅い(端末のスペックの問題もあるだろうが…)、拡大縮小や検索機能などが使いにくい、開けないPDF文書がある---といった具合だ。

 だからこそ、最新のAndroid 2.2を搭載し、ハードウエアスペックも高いGALAXY Tabには大いに期待している。インターネットに快適にアクセスでき、自炊あるいはダウンロード購入した電子書籍がスイスイ読めるならば、筆者としては、現状何も不満はなくなる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら