写真●GClueが開発した「Droidget Camera」
写真●GClueが開発した「Droidget Camera」
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルサービス開発のGClue(ジークルー)は、カメラを活用したAR(拡張現実)プラットフォーム「Droidget Camera」を開発した。2010年9月28日に都内で開催されたソフトウエア開発者向けのイベント「Google Developer Day」(GDD)で初披露した(写真)。

 Droidget Cameraの基になるDroidgetは、Android向けのウィジェットプレーヤで、KDDI「IS01」, NTTドコモの「SH-10B」(いずれもシャープ製)に搭載実績がある。WebKitを拡張し、JavaScriptとCSS、HTMLの組み合わせによりデスクトップウィジェットやウィジェットアプリケーションを作成できる。

 Droidget Cameraでは、カメラアプリの起動画面上に、地図や方位磁石、水平器などの関連ウィジェットを表示する。追加ウィジェットは、同社が運営するアプリケーション・ストアから購入できるようにする。

 同社は、Droidget Cameraの機能を順次拡張する予定。画面に表示した空間内にウィジェットを浮遊させる、認識した物体にあらかじめ割り当てたウィジェットを表示する機能などを予定している。特定の物体からウィジェットに変換する機能は、米クアルコムのAR開発キットを活用する。

 さらに同社は、今回のARプラットフォームを、通信事業者によるアプリケーション流通推進団体であるWAC(Wholesale Applications Community)に売り込む予定だ。