「TerreStar GENUS」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 米AT&Tは米国時間2010年9月21日、衛星回線対応の携帯電話サービス「Satellite Augmented Mobile Service」と端末「TerreStar GENUS」の提供を開始した。1台の端末でAT&Tの携帯電話ネットワークと米TerreStarの衛星ネットワーク間を切り替えられる。

 衛星回線へのアクセスにより、遠隔地で政府機関や公益事業、海運業などに従事するユーザーは、通常の携帯電話ネットワークがカバーしていない地域でも無線通信を行える。公共安全機関や救急隊、災害復旧チームなどの通信にも利用可能。

 端末のTerreStar GENUSは、OSに米Microsoftの「Windows Mobile 6.5」を採用する。タッチスクリーン式ディスプレイやカメラを搭載し、GPS(全地球測位システム)機能、Wi-FiやBluetooth接続機能などを備える。

 Satellite Augmented Mobile ServiceおよびTerreStar GENUSは、企業や政府機関を対象に提供する。ユーザーは、AT&Tの基本通話サービスとスマートフォン向けデータプランに加入し、月額制の衛星利用料を支払う必要がある。衛星回線を介した音声/データ/メッセージングは、通話時間/データ量/メッセージ件数に応じた従量制で別途課金される。

 米メディアの報道(Associated Press)によると、TerreStar GENUSの価格は799ドル。衛星利用料は月額25ドルで、衛星経由の通話料は1分あたり0.65ドル、データ通信は1Mバイト当たり5ドル、メッセージング機能は1件当たり0.40ドル。

[発表資料へ]