米Googleは米国時間2010年9月8日、より高速な検索エンジンを導入すると発表した。新エンジン「Google Instant」は、ユーザーが検索キーワードを入力している最中に、検索キーワード全体を予測しながら検索を実行し、検索結果を自動で提示する。

 ユーザーが文字を入力していくと、予測される残りの文字は薄いグレーで表示され、候補キーワードに従って検索結果を動的に表示する。候補キーワードのリストに該当するものがあれば、それをクリックして選択すればよい。また、矢印キーを使って候補キーワードをスクロールし、候補に応じた検索結果を即座に閲覧することができる。

 同社は、Google Instantにより、従来より効率的で迅速な検索が可能になるとしている。同社のテストによると、Google Instantでは検索1件にかかる時間を2~5秒短縮できるという。

 Googleは、Google Instantを検索サービス「Google.com」に導入する。対応ブラウザは、Chrome、Firefox、Safari、Internet Explorer 8(IE8)。米国のほか、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン、英国で同社サービスにアカウント登録しているユーザーに対しても利用可能にする。今後、数週間から数カ月で、すべての地域およびプラットフォームに拡大する予定。

[発表資料へ]