日本通信は2009年12月16日,徳島県三好市のふるさとケータイ事業にMVNEとして参画し,スマートフォン向けモバイルIPフォン用基幹ソフトウェア,3G ネットワークおよびサービス運営支援などを開始したと発表した。

 三好市は,独居老人や昼間一人暮らしといった高齢者世帯が急速に増えており,地勢状の問題から公共交通サービスや医療などが不十分といった状況にあるという。このことへの対応策の一つとして,昼夜を問わずいつでも相談や緊急連絡ができる通報・相談サービスを固定電話網で運営している。

 三好市は総務省から受託して実施するふるさとケータイのモデル事業において,このサービスと地域MVNOが提供する通信サービスの連携を促し,地域の事業会社がMVNO 端末(スマートフォン)を用いた高齢者や要介護者の方に向けたコンシェルジュとして24時間365日いつでも・どこでも相談などができる「Life Support Call(ライフ・サポート・コール)サービス」を2009年12月15日に開始した。

 三好市がふるさとケータイ事業で用いるMVNO 端末は,Windows Mobileを搭載したスマートフォンを使用する。モバイルIPフォン用基幹ソフトウェアの搭載とオリジナルのユーザー・インターフェースを開発することなどによって,Life Support Callサービスを中心としたふるさとケータイのための専用端末にしている。

 MVNO端末の待受画面には,「緊急」「相談」「IP 電話」の三つのボタンを用意する。「緊急」および「相談」のボタンは,押すだけでいつでもセンター側の地域コンシェルジュ(オペレータ)に電話をして,状況に合ったサービスが受けられる。「IP 電話」のボタンは,携帯電話と同様に任意の番号に電話をかけることができる。

 センターの地域コンシェルジュ側では,発信者の電話番号に加えてGPS情報による発信位置を参照することができる。また過去の対応記録や緊急連絡先(例えば親族や協力員)などがパソコンに表示され,利用者からの「緊急」「相談」の通報に対応する。

[発表資料へ]