米Googleは米国時間2009年11月19日,2010年後半リリース予定のパソコン用OS「Chrome OS」を開発するオープンソース・プロジェクト「Chromium OS」を開始した。初期段階にあるソースコードなどを無償提供し,多くの開発者やパートナに協力してもらう考え。

Chrome OSの画面。アプリケーション・メニューを表示させたところ
[画像のクリックで拡大表示]
Chrome OSの画面。右下にチャットなどのパネルを表示させたところ
[画像のクリックで拡大表示]

 Chrome OSは,Webブラウザ「Chrome」の利用に特化したLinuxベースの軽量OS。新設計のウインドウ・システムとChromeを搭載し,各種機能をWebアプリケーションとして実現する。従来のOSと違ってユーザー自身がアプリケーションをインストールしたりアップデートしたりする必要がなく,セキュリティも確保しやすいという(関連記事:“Google OS”ついに出現,2010年後半デビュー米グーグルがパソコン用OS「Google Chrome OS」を開発)。

Chrome OSのアーキテクチャ
[画像のクリックで拡大表示]
Chrome OSのファームウエア
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleは,速度面を重視してChrome OSを開発する。不要な処理を省き,処理を最適化/並列化することで,パソコンの電源投入からWebアクセスまで数秒で済むようにする。高速化を実現するため,Chrome OSの処理に適したハードウエア参照設計も提供する予定。

Chrome OSのシステム・レベル・ソフトウエア
[画像のクリックで拡大表示]
Chromiumとウインドウ・マネージャ
[画像のクリックで拡大表示]

[Google公式ブログへの投稿記事]

■変更履歴
Chrome OSの画面とアーキテクチャ図を追加しました。 [2009/11/20 10:59]