JaM Japan Marketing代表 大柴ひさみ氏
JaM Japan Marketing代表 大柴ひさみ氏
[画像のクリックで拡大表示]
大柴ひさみ氏の講演「ソーシャルメディアを駆使して成功したオバマキャンペーン~米国WOM(クチコミ)マーケティング最新事情」
大柴ひさみ氏の講演「ソーシャルメディアを駆使して成功したオバマキャンペーン~米国WOM(クチコミ)マーケティング最新事情」
[画像のクリックで拡大表示]

 「市民をアクティビスト(行動者)に変えた」---2009年6月30日,大柴ひさみ氏は都内で開催された「NET Marketing Forum 2009」で,オバマ氏の選挙キャンペーンをこう表現した。大柴氏は米JaM Japan Marketing代表で,米サンフランシスコ在住のマーケティング・コンサルタント。「YouTube 時代の大統領選挙 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント」の著者でもあり,NETMarketing Onlineで「米国ネットマーケティング茶話」を連載している。講演の題名は「ソーシャルメディアを駆使して成功したオバマキャンペーン~米国WOM(クチコミ)マーケティング最新事情」である。

「自分たちが発信できる」ことを自覚した

 大柴氏はまず,YouTubeにアップされたオバマ候補を応援するビデオ「Yes We Can」を紹介。ミュージシャンらによるWill.i.amがオバマ氏の演説にインスパイアされて作ったものだ。「作った作品をシェアする方法がたくさん出てきた。その典型例がこれらのビデオ」(大柴氏)。

 Twitterはボーダレスなツールとなった。天安門事件20周年を警戒して中国政府がTwitterをブロック。イラン市民がTwitterでその声を世界に発信した。「コミュニケーションのパラダイムシフトが起きている。テクノロジが進歩したことはもちろんだが,何より人々が『自分たちが発信できる』という自覚を持った。マインドセットのシフトが起きた」(大柴氏)。

 Forrester Researchのソーシャル行動に関する調査では,人々をクリエイタ,批評家,収集家,参加者,見物人,行動しない人に分類している。2006年と2008年の調査を比較すると,唯一「行動しない人」が減少しており,52%から25%に減っている。クリエイタは13%から21%に増加した。「みんな行動したいと思っている」(大柴氏)。

プライベートなFacebook,パブリックなTwitter

 「コミュニケーションはどんどんデモクラティック(民主的)になっている」と大柴氏は言う。CNNと俳優のアシュトン・カッチャー氏が,どちらが早く100万人のフォロワーを集めるかを競い,カッチャー氏が勝利した。「個人がCNNというブランドに勝った」(大柴氏)。サンフランシスコ市長のゲビン・ニューソン氏は州知事出馬をTwitterで宣言した。現在50万人のフォロワー獲得のための「Tweetathon」を実施中だ。

 Twitterのユニークビジターは2009年6月で2000万となり,New York TimesとWall Street Journalのサイトを追い抜いた。TwipicやTrackThis,Tweetjobなど,Twitterのマッシュアップ・サービスも生まれている。

 ただし米Nielsenの調査によれば,FacebookやMySpaceのユーザー定着率は60%以上あるが,Twitterは40%にとどまる。「Facebookは仲間同士が楽しむ場。Twitterはそれとは逆に非常にパブリックな場」(大柴氏)。Twitterは10%のユーザーにより90%以上の書き込みが行われている。TwitterはOne-to-Manyのパブリッシングなのかもしれないと大柴氏は見ている。

 Twitter活用のポイントは,長期的なコミットメントと頻繁なアップデートであると大柴氏は指摘する。「単なるトレンドとしてPR効果を狙う安易な使い方ではユーザーとエンゲージできない」(大柴氏)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら