コンピュータエンターテインメイト協会(CESA,http://www.cesa.or.jp/)は2009年4月27日,ゲーム開発者向けのカンファレンス「CEDEC 2009」を2009年9月1日から9月3日までの3日間にわたって開催すると発表した。会場はパシフィコ横浜(横浜市西区)で,URLはhttp://cedec.cesa.or.jp/

 本イベントの開催は11回目。会場を大学施設からパシフィコ横浜に移し,展示と,セミナーの両方で規模を大きくした。開催の狙いは,ゲーム業界全体の技術力向上。CEDEC事務局は「日本のゲーム開発者は欧米とくらべて,横のつながりが弱い傾向がある。CEDECを通して,プロフェッショナルなゲーム開発者相互の情報交流を進め,開発者のコミュニティを活性化したい」と語った。

セッションの講師は公募,ゲーム業界以外からも歓迎

 CEDEC2009で開催する予定のセッション数は150。講師は公募形式で募集する。応募はCESAの「セッション公募のお知らせ」ページ(http://cedec.cesa.or.jp/speakers/index.html)から可能。講演の自薦・他薦は問わない。セッションのテーマは以下の10個。

  • プログラミング
  • ビジュアルアーツ
  • ゲームデザイン
  • サウンド
  • オンライン
  • プロデュース
  • モバイル
  • ビジネス&マネジメント
  • ラウンドテーブル
  • 特別企画

 CEDEC全体の運営統括・支援と,カンファレンス全プログラムのコンテンツの策定・実行を担当する「CEDECアドバイザリボード」が応募を審査,合否を決定する。応募の〆切は2009年5月29日で,合否は6月30日までに決め,応募者に連絡する。

 テーマの最後にある「特別企画」は2009年からの新設。いわば“ノンジャンル”で,「他業種からも講師を募り,ゲーム開発者に新しい刺激を与える」(CEDEC事務局)のが狙い。ゲーム以外の開発者,エンターテインメント関係者,経営者など,幅広く講演者を募る。

 セッションの受講は基本的に有料。受講料,受講申し込みのスケジュールなどは,2009年7月上旬に発表する。展示は今回から,開発者向けの商用ツールや,ミドルウエアを充実させる予定。またセッション会場に隣接した場所に展示スペースを設け,参加者のアクセスを容易にする。また2008年からスタートした,技術面からゲーム開発者の功績を称え表彰する「CEDEC AWARDS」も実施する。