画面1●Windows XP Modeの初期設定画面
[画像のクリックで拡大表示]

 次期クライアントOS「Windows 7」の製品候補(RC)版の開発者向け提供が始まった2009年5月1日,Windows XPのアプリケーションをWindows 7のデスクトップに統合する仮想化機能「Windows XP Mode」のベータ版が合わせてダウンロード可能になった(関連記事)。XP Modeは互換性維持の切り札となるのか。基本的な操作を試した。

 XP Modeの利用には,Windows Virtual PCベータ版と,XPの仮想マシン・イメージの2パッケージをインストールする必要がある。双方をインストールして再起動すると,スタート・メニューに「Windows Virtual PC」が現れる。初回起動時は仮想マシンの初期設定が始まり,Windows XPの新規インストール時と同じセキュリティ設定画面などが表示される(画面1)。

「仮想マシン」と「仮想アプリケーション」の2形態を用意

画面2●Windows XP Mode導入時のスタート・メニュー
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 7でXP Modeによる互換環境を利用する方法は2種類ある。仮想Windows XP環境のデスクトップ全体を表示する「仮想マシン」モードと,Windows 7のデスクトップ環境に仮想Windows XP環境のアプリケーション・ウインドウを合成する「仮想アプリケーション」モードである。スタート・メニューでは,前者が「Virtual Windows XP」,後者が「Virtual Windows XPアプリケーション」として表示される(画面2)。

画面3●仮想Windows XPデスクトップ環境としても利用可能
[画像のクリックで拡大表示]

 仮想マシンは,同社のクライアント仮想化ソフト「Virtual PC 2007」と基本的な使い勝手は同じである(画面3)。Windows Virtual PCのウインドウの中にWindows XPのデスクトップ画面が表示され,この仮想XPデスクトップ内でWindows 7との互換性に難があるアプリケーションを使う。

 仮想マシン・モードのXP環境の画面解像度は640×480ドット固定。設定を変えるスライダは動かない。ただし全画面表示にすれば,ローカルの画面に合った解像度に変わる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら