「インターネットは収穫期にあり,多くの高収益ベンチャが登場している。チャンスは個人にある」---シリコンバレーのコンサルティング会社 米Blueshift Global Partners社長の渡辺千賀氏は2009年4月18日,パソナテックのイベント「あすなろBLOGカンファレンス『未来×チェンジ×ブログ』」の講演で,経済危機発生後も,ITは依然として大きな可能性を持ち続けていると指摘した。

高収益ベンチャ,人気ネット・デバイスが登場

米Blueshift Global Partners社長 渡辺千賀氏
米Blueshift Global Partners社長 渡辺千賀氏
[画像のクリックで拡大表示]

 渡辺氏は三菱商事,マッキンゼー,ネオテニーを経て,日米の企業間提携などに関するコンサルティングを行う米Blueshift Global Partnersを設立。シリコンバレーで働く日本人をサポートするNPO「Japanese Technology Professionals Association(JTPA)」の共同代表を務めるととともに,シリコンバレーの産業と生活の情報を発信するブログOn Off and Beyondや英語学習ブログListen IT!を運営するブロガーとしても知られている。

 「(米Googleに続く大型上場がないことから)『ITはもう終わり』と言われることもある。しかし2000年前後のITバブル崩壊後に比べればシリコンバレーは傷を負っておらず,多くの未公開だが高収益なベンチャ企業が生まれている」と渡辺氏は言う。例えばレストラン予約サイトOpenTableは40億円の利益を上げており,靴販売サイトZapposは約1000億円の売り上げを達成している。2009年に入ってベンチャ・キャピタルによるIT系ベンチャへの投資は6億ドルに達しているという。

 またベンチャ企業がインターネット・サービスと組み合わせたハードウエアを生み出し,ヒットを放っている。無線LANを内蔵し撮影した画像を簡単にネットにアップできるメモリー・カード「Eye-fi」。ユーザーが作るウィジェット(ミニ・アプリケーション)をダウンロードすることで様々な用途に使える「Chumby」。USBコネクタを内蔵しネットに動画を簡単にアップできる「Flip Video」は,iPodよりも短期間で100万台に達し,開発元の米Pure Digitalは米Cisco Systemsに約590億円で買収された。「付加価値はネットのサービスにあり,最先端のデバイスや設計は必要ない。中国の製造会社と組むことで,短期間で製品化できる」(渡辺氏)。

 動画配信でも売り上げを伸ばすサービスが出てきている。郵送ビデオ・レンタルの米Netflixが始めたXBox向けの有料動画配信サービスは1000万人が登録し,15億分間のダウンロードがあった。「Netflixの株価はストップ高をつけた」(渡辺氏)。米FOXと米NBCという2大テレビ局によるインターネット動画配信サービスのHuluは昨年の広告収入が約65億円,2009年は120億円を見込む。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら