[画像のクリックで拡大表示]

 アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、ブレインパッドと行動ターゲティング型レコメンドソリューション「Rtoaster」の販売代理契約を締結し、8月27日より同ソリューションの本格的な販売を開始した。

 Rtoasterは、サイト訪問者のアクセスログに応じて最適なコンテンツを自動的に推薦する行動ターゲティング型のレコメンドソリューション。2006年11月のリリース以降、国内のECサイトや情報サイトなど30社以上が導入している。IMJでも既に案件ベースでの提案を行っており、複数のサイトが導入を決めているという。

 Rtoasterは、サイト訪問者の行動や訪問回数、前回の訪問からの経過時間を「スコア」として保持することにより、それぞれのサイト訪問者の理解度に応じたコンテンツを表示している。このため、長期的に1人の顧客から得られる利益の指標であるLTV(Life Time Value)の向上にも役立つとしている。

 あらかじめ設定してあるルールに基づく推薦(ルールベースレコメンド)のほか、ある商品を買った人がほかにどんな商品を買ったのか、といった情報を自動的に表示する自動推奨エンジンも実装する。ルールベースレコメンドと自動推奨レコメンドは用途に応じて併用することもできる。

■問い合わせ先
・アイ・エム・ジェイ サービス情報サイト http://www.site-value.com

■関連情報
・アイ・エム・ジェイのWebサイト http://www.imjp.co.jp/
・ブレインパッドのWebサイト http://www.brainpad.co.jp/