写真1 MSI初のULCPC「MSI Wind Notebook」
写真1 MSI初のULCPC「MSI Wind Notebook」
[画像のクリックで拡大表示]

 エムエスアイコンピュータージャパン(以下,MSIジャパン)が2008年6月27日に発表した,新型ノート・パソコン「Wind Notebook U100」(写真1)の販売予約が,7月1日の正午に開始された。ソフマップやツクモといった大手量販店の店頭や,通販専門のショップなどで行われたが,開始から2時間ほどでほとんどのショップが売り切れ状態になっている。

 大手量販店の店員は,「初期ロットが少なすぎる。全国で数百台。それをショップ間で取り合っているので,もう予約は受けられない。次期ロットもいつになるか分からない」と説明する。通販サイトのユーワークス(http://www.uworks.co.jp/)やあるねっと(http://item.rakuten.co.jp/arunet/),プローバ(http://www.prova-jp.com/)なども,予約の受け付けを停止している。

 Wind Notebookは,台湾ASUSTeK Computer社の「Eee PC」に代表されるULCPC(超低価格パソコン)というジャンルの製品。台湾Micro-Star International社(MSIジャパンはこの日本法人)が5月27日発表し,6月3日に販売予約を開始した(関連ニュース)。

 台湾では,発売と同時に出荷される予定だったが,実際には6月末にずれこんだ。また,同社の直販サイト(Shop@MSI)では「1人1台」という販売制限を付けたものの,6月中に売り切れになり,現在でも注文を受け付けていない。

 Wind Notebookには,米Intel社が出荷開始したばかりのAtomプロセッサ(1.6GHz)が搭載される。国内ではAtomを搭載した初の製品で,海外での出荷の遅れや高い人気もあり,供給不足につながっているようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら